鼻の白いブツブツって一体何?とれない理由は間違ったケア

鼻の白いブツブツって気になることはありませんか?

気になって爪でギュッと押し出してしまう人もいますが、これは絶対にNG!

鼻に爪の痕が残るだけでなく、肌にダメージを与えてしまうし、何よりもムリに出すことでぽっかり空いた開いたままの毛穴を戻そうと皮脂の分泌が増えたり、汚れが詰まってしまうのです。

でも、この鼻の白いブツブツ、いったいなにものなのか。

なくすためにはどうしたら良いのでしょうか。

鼻の白いブツブツはナニモノなの?

洗顔をしたのに、鼻の白いブツブツが取れない・・・

これは角栓や皮脂ですが、基本的に下記の2種類に分かれます。

  • 毛穴パックとかでとれるかたいもの
  • 押すと出てくる柔らかいもの

にゅるにゅるの方は押さえるとべたっと脂っぽく感じるかもしれませんが、これは毛穴に角栓が詰まっている証拠。

古い角質や皮脂、メイクがキレイに落ちていなくて毛穴に詰まってしまうと、この白いブツブツになり、これが酸化して黒くなると『イチゴ鼻』になってしまうわけです。

じゃ、黒くなる前に取ってしまおうと思うかもしれませんが、無理やり押し出すのはNG!

先ほども言ったように、メイクがキレイにおちていなかったり『何かしらの原因』があるので、まずは毛穴に詰まらないようにしてあげることが必要になります。

まずは「詰まらない」毛穴に変えていこう

毛穴の詰まり

洗顔にしてもクレンジングにしても成分にこだわるのは良いことですが、汚れがとれていなければ意味がありません。

とはいっても、洗浄力が強いものを選べと言っているわけではありませんよ。

優しくても、自分の肌やメイクに合った洗浄力のものがあるので、まずは肌に本当に不要なものを取り除く洗顔やクレンジングを選ぶこと。

そして、スキンケアでは欠かせないのが保湿。

毛穴がかたくなってしまうと、毛穴が開きっぱなしになったり、汚れが詰まって排出することができないので、イチゴ鼻やみかん肌ができてしまうのです。

鼻の白いブツブツができるのは鼻周りに皮脂が多いからですが、アイメイクや口紅を落すことばかりを気にして、小鼻の汚れをしっかりとっていないこともあり得ます。

弱酸性がいいとか弱アルカリ性がいいとか言われますが、汚れ落ち重視なら弱アルカリ性で肌への刺激なら弱酸性というよりも成分や使い方、肌状態によって選ぶことが一番重要!

いまいち汚れが取れていない気がするなら、弱アルカリ性のものを使って保湿を調整しながら、毛穴の様子を見ましょう。

まとめ

鼻の白いブツブツをなくしたい!と思うかもしれませんが、皮脂は毎日でるものです。

だから、必要な皮脂もありますが、不要な皮脂や汚れをしっかり落としてあげれるかどうかで、イチゴ鼻やみかん肌になるかどうかが変わってきます。

毛穴の黒ずみや開きがひどくなってしまうと改善するのにも時間がかかってしまいますが、鼻の白いブツブツが気にならなくなるまで、しっかり毛穴対策をしていきましょう。

また、敏感肌や乾燥肌で洗顔を変えるのは心配なら、鼻周りなど気になる部分だけ弱アルカリ性の洗顔を使うのもアリ!

顔全体に使うことはないし毎日使うこともないので、上手に使い分けると効果的です。

改善されない場合は間違ったケアをしている可能性が高いので、この機会に考え方を変えてみてください。

>>リメリーnaviTOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ