イチゴ鼻は一週間で改善する方法なんてありえない!?

イチゴ鼻が一週間で改善できると聞くと、ついつい惹かれてしまいますよね。

長年のコンプレックスがそんなすぐに改善できるなら、やってやろうじゃないか!!って思いませんか?

私も、もちろん手を出します(笑)

でも、はっきりいってイチゴ鼻は一週間では治らないと考えた方が良いでしょう。

その時だけでは無意味というより「悪化」する

いちご鼻 悪化

イチゴ鼻のケアは、パックや洗顔、冷やしたり温めたりといろいろな方法はありますが、やればやるほどひどくなったと言う経験はありませんか?

その時はキレイになったけど、すぐ元に戻るというのは改善できていないということ。

それどころか、汚れや黒ずみをムリヤリとると、毛穴は穴が開いた状態になってしまうので汚れはまた詰まりやすいし、必要な皮脂を取ってしまえば分泌量が増えてニキビなどの原因にもなってしまうのです。

本来の機能がきちんと働いていれば、不要なものは自然に排出されるし、無駄な皮脂分泌もおこらないので、毛穴はキレイな状態を保つことができます。

それがあれこれ過保護に頑張りすぎてしまうと、乾燥や過剰な皮脂分泌、たるみなど、肌や毛穴に悪影響を及ぼします。

だからこそ、イチゴ鼻は一週間では完全には改善できないのです。

イチゴ鼻改善のポイントは「ターンオーバー」

では、きちんと改善するにはどうしたらいいのか。

まずはターンオーバーの正常化です。

ターンオーバーについてはまた詳しく説明しますが、年齢と共に周期が遅くなり、よく言われる28日前後は20代で、このお肌の曲がり角を過ぎると『年齢×1.5』くらいの日数になると言われています。

ただ、気をつけなければいけないのは早くても遅くてもNGで、早いとバリア機能が弱くなってしまってトラブルが起きやすくなってしまうので注意しましょう。

洗顔やスキンケアだけでなく、食事や睡眠、運動などの日々の生活習慣でもターンオーバーは変わってくるので、季節だけでなく毎日の生活も気をつけなくてはいけません。

あとは毛穴を柔らかくして、角栓などが自然に排出されやすくしてあげることで毛穴がキレイになります。

そうなれば、洗顔やスキンケアの効果もどんどん出やすくなるので肌がかわっていきますが、ターンオーバーの周期から考えても、根本から改善していくなら長期戦と考えた方が良いでしょう。

まとめ

イチゴ鼻は一週間では改善できません。

もちろん、洗顔やパックで毛穴の汚れを取ることはできるかもしれませんが、これは一時的なので、その場しのぎではなく自然に排出するサイクルがイチゴ鼻や毛穴トラブル改善にとって大切なことです。

あれこれ試しているうちにどんどん頑固になってしまった・・・という人は、改善に時間がかかるかもしれませんが、年齢とイチゴ鼻歴を考えて、じっくり向き合いましょう。

早く治したい!と思う人は、生活改善としっかりケア。

イチゴ鼻にしてもニキビにしても、肌のシワなども共通して「保湿」が重要なので、保湿で排出を促してくださいね。

>>イチゴ鼻の事を考えたリメリーの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ