20代と30代はいちご鼻の改善できる期間が同じではない!

いちご鼻の改善に大切なのはターンオーバーとよく言われますが、どのくらいの周期か知っていますか?

一般的に『28日』と言われるので、平均そのくらい?と思っているかもしれませんが、実は年齢によってターンオーバーの周期って違うんです。

そのため、20代と30代ではいちご鼻改善にかかる期間や効果を実感できる期間が変わってきます。

これを知っておかないと、口コミやサイトを見て試しても「自分は効果がない」ってなってしまうのです。

一般的なターンオーバーの周期とは?

ターンオーバーと周期

 

よく「お肌の曲がり角」って言われますが、20代のターンオーバーの周期はよく言われる28日。

これが、20代後半くらいから変わってきて、30代では40日くらいになります。

だいたい年齢×1.5(日)前後と考えるとわかりやすいのですが、10代では20日だったのが30代では40日と代謝のサイクルが倍も変わってくるのです。

つまり・・・
口コミで20代の人が多くて「1ヶ月で効果を実感できた!」と書いてあったから購入したとしても、40代なら1ヶ月で効果を実感するのは難しいということ。

結果的に、正しくターンオーバーを理解していないと、本当に効果があるものでも見逃してしまうのです。

じっくり向き合うことでトラブルも解消!?

実はターンオーバーの理解がないと、効果があるものを見逃すだけでなく、肌トラブルを起こす原因にもなります。

サプリメントにしてもスキンケアにしても、すぐに効果がないものは最低3ヶ月使うことが見極めになり、生活習慣が悪い人やもともとがマイナスから始める人は半年程度使わないと効果がわかりにくいことも。

自分は何でも効きやすい!健康体!!と言う人でも、相性はあるので、じっくり向き合う必要があります。

この3ヶ月~半年の期間があれば、3ヶ月で90日なので60代くらいまでの人はターンオーバーの周期にあてはまってくるので、変化もわかるはずです。

それを1ヶ月やそこらで勝手な判断でまた違うものに手を出してしまうと、肌がトラブルを起こしかねません。

季節や体調で肌トラブルが起きるように、慣れないスキンケアを次々使われては負担になってしまいます。

20代でも30代でも、いちご鼻と長いお付き合いであれば改善には時間がかかるし、しっかりなおしていこうと思うのなら、詰まったり毛穴が開かないようになるまで向き合っていきましょう。

キレイになったらおしまいではなく、そこからが勝負です!

まとめ

20代、30代でいちご鼻を改善するのには、
『20代は28日くらい・30代は40日くらい』

さらにプラスαで生活習慣やスキンケアなどによって効果は変わってきます。

そのため、いちご鼻やみかん肌など毛穴にお悩みなら、生活改善やそれぞれに合ったスキンケアを選ぶことが改善の近道になるので、あれこれ試すのはやめてじっくり長期戦で様子をみるようにしてください。

合うスキンケアがない!とあれこれ変えている人も、洗顔料とか他に原因がある場合もあるので全体を見直したうえで、いちご鼻改善をしていきましょう。

育児や家事で自分のことがおろそかになってしまったり、10代と同じというわけにはいきません。

ただ、ターンオーバーの乱れは改善することができるので、年齢と共にゆっくりになっても良い状態をキープできるように頑張っていきましょう!

>>いちご鼻の悩みは男女共通!男性もリメリーを

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ