いちご鼻は洗顔料が原因!?驚くべき落とし穴

いちご鼻対策で洗顔料の成分って気にしていますか?

スキンケアの成分は気にしているけど、クレンジングや洗顔についてはあまり気にしていない人も。

中にはしっかりメイクを取りたいとか、鼻が脂っぽいからサッパリしたくて強い成分のものを選んでいるかもしれませんが、鼻だけをメインに選んでしまうと、他の部分にとっては刺激が強いものになってしまうことがあります。

また「優しい」と言う言葉に騙されると、いちご鼻を悪化させる原因にもなってしまうので注意が必要です。

いちご鼻は洗顔料の成分で悪化する!

イチゴ鼻と洗顔料

頑張っていちご鼻対策をしているのに、どんどんひどくなっているような気がする。

それどころか、顔全体がみかん肌に!!

こんなお悩みを持っている方もいますが、ケアするほどに汚肌になってしまうとなれば、もう何をして良いかわからなくなってしまいますよね。

ただ、この原因は自分の生活に問題がある場合洗顔やスキンケアに問題がある場合があります。

洗顔した時には毛穴はキレイになっているかもしれませんが、洗浄力の強い洗顔料で洗うと必要な皮脂や角質まで洗い流してしまい、結果的に肌が乾燥してしまうのです。

これでは「キレイになった」のではなく、肌が必死に元に戻ろうと皮脂分泌が過剰になります。

脂性肌と感じる人もいますが、これは強い洗顔料が原因!

ベタツキを抑えるために洗顔の回数を増やせば増やすほど悪化してしまい、スキンケアが刺激になってピリピリしたり、かゆみや赤みを引き起こすこともあるので、まずは肌を落ち着かせるようにしましょう。

※思春期のホルモン分泌が活発な時期は別です。

 

泡洗顔=優しいと思うの間違いで、長い間泡を肌に乗せたり、界面活性剤や泡立つための成分などによっては乾燥やトラブルの原因になります。

天然成分でも洗浄力の強いものもあるし、保湿成分配合でも、それ以上に強い成分が入っていれば乾燥するし、必要な皮脂なども奪われてしまうのです。

つまり、いちご鼻は洗顔料の成分で作られてしまう…というわけです。

 

肌状態と部分によって賢く使い分け

毎日肌状態はおなじと言うわけではありません。

メイクをする日としない日、外出する日としない日、汗をかいた日とかいていない日など、日によって違います。

また、朝起きた時の肌状態に違いを感じることもあるし、部分的に脂っぽい・乾燥しているという時もあるので、上手に洗顔を使い分けましょう。

毎日朝はぬるま湯だけでOK!洗顔料は不要!という話もありますが、睡眠時間は数時間もあって寝ている間にも汗や皮脂、ホコリなどはつくので、軽い汚れならぬるま湯だけでいいですが、ベタつきを感じるなら洗顔料を使った方が良いです。

しっかり保湿をして寝たら、小鼻の周りだけベタつくとか一部が気になる人は、寝る前のスキンケアを工夫することと朝の洗顔でもその部分だけ洗顔料を使うという方法もあります。

逆に毎日しっかり洗顔料を使って洗うけど、ニキビやトラブルが起きる人は優しい洗顔料かぬるま湯だけにしてください。

W洗顔やクレンジング、パックなども使い分け、しっかり洗浄したあとはたっぷり保湿を心がけてくださいね。

まとめ

いちご鼻は洗顔料の成分が強いと、逆効果になることがあります。

黒ずみを落しても毛穴が開きっぱなしだったり、皮脂が過剰分泌したりすると、いちご鼻どころかみかん肌になってしまい、肌がSOSを出します。

「ベタつくからもっと強い洗浄力でサッパリ!」というのは間違いだし、「優しく泡がたっぷりできるもの」で選ぶのも間違いで、自分の肌に合った優しい洗顔料を使い、肌本来の不要な物を排出する働きを促すことが大切なのです。

泡=優しいわけではないので、きちんと洗顔料の成分を確認すること。

そして、洗顔料やスキンケアだけでなく「生活」の中にある毛穴を詰まらせる原因も排除していきましょう。

>>開ききった毛穴の原因は自分!?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ