角栓除去の一般的な6つの正しい方法と注意点

自分でも簡単にできてしまう角栓除去の方法には、注意するべき点がいくつかあります。

毛穴の汚れを取ることは良いことなのですが、間違ったやり方では知らず知らずのうちに肌に負担がかかっているかもしれません。

私もよかれと思っていたことが実は間違いだった…という点があり、後悔したところもあるんです。

では、角栓除去の正しい方法と注意点をまとめてみましたので、自分のやり方と照らし合わせてみてくださいね。

 

こんな方法が!?話題のオロナインパック

角栓除去の方法を探していた時に、オロナインパックなるものを見つけました。

やり方は簡単で、

 

1、洗顔後オロナインを厚さ1ミリ程度(白くなるくらい)で塗る

2、油分を洗い流すため、37~39度くらいのぬるま湯で洗い流す

3、市販の毛穴パックを使い、その後スキンケアをする

 

たった3ステップで完了します。

オロナインパックを実践してみた方の感想では、『普通にパックするよりごっそり取れた』『あっという間に鼻がツルツル』などの声を見かけますが、よくよく考えてみると、どうしてオロナインが毛穴に良いのかという理由は不明なんですよね。

オロナインと言えば、火傷やニキビ、しもやけなどの痒みによく効く医薬品として歴史ある商品ですが、スキンケアにましてや毛穴の汚れにも良いというのはどこから始まったのか…気になってしまいます。

私は肌があまり強くないので、オロナインをむやみやたらに使うのはちょっと躊躇してしまいますし、肌が弱い人にはおすすめできない方法なのではないかなと思います。

 

角栓除去でトラブルを起こさないために

オロナインについては、また詳しく説明しようと思いますが、それ以外の角栓除去の方法や注意点(デメリット)とポイントについて簡単にまとめてみました。

オリーブオイルクレンジング

毎日の洗顔とは別に、週に1回~10日に1回でオリーブオイルを使ってマッサージをする方法で、大さじ1杯程度のオイルを使ってマッサージをし、蒸しタオルでオイルをふき取り、その後洗顔をして完了です。

【ポイント】

  • 精製度の高いエクストラバージンオイルを使うこと
  • 頻度は週1~10日に1回程度にすること
  • 強く擦らず小刻みに指を動かすこと
  • スキンケアをしっかり行うこと

 

毛抜きで抜く

頭が長く飛び出ている角栓は毛抜きで抜くことができますが、無理やり引っ張るほどに毛穴にダメージを与えてしまいます。

【ポイント】

  • 抜く前に蒸しタオルで毛穴を温める
  • 抜いた後は冷水などで冷やして毛穴を引き締める
  • スキンケア化粧品で保湿をしっかりする

 

角栓除去器具

角栓を押し出すための器具や自分の手指を使って、角栓除去をする方法ですが、正しく行わないと毛穴が広がったままになるなどのトラブルを起こす可能性があります。

【ポイント】

  • 毛穴を開くために半身浴をしたり、蒸しタオルを使う
  • 一度にたくさん取ろうとせず、毛穴ひとつひとつを丁寧に行う

 

毛穴ブラシ

洗顔用のブラシを使ってスペシャルケアをする方法で、手指では取り切れない汚れを掻き出すことができますが、力を入れすぎれば肌に負担がかかってしまうことを忘れないようにしましょう。

【ポイント】

  • 洗顔料をしっかりと泡立てる
  • 柔らかめのブラシを選び、肌負担を軽くする
  • 長時間、また毎日など頻繁に行わない

 

毛穴パック

紙シートやフィルムなど様々なタイプがある毛穴パックですが、長い時間貼ったままにすると毛穴の周りの皮膚も一緒にくっついて剥がれてしまい、さらなるトラブルを生む可能性があるので要注意です。

【ポイント】

  • 乗せておく時間を守り、長時間貼り付けたままにしない
  • 剥がした後のスキンケアをしっかり行う
  • 刺激を感じたり、乾いて突っ張ってきたらすぐに剥がす

 

まとめ

角栓除去の方法には様々なものがあるように、注意しておきたいポイントもそれぞれにあります。

間違ったケアを続けていると、いちご鼻は悪化する一方なので、これまでの自己流ケアを見直しておきたいですね。

>>いちご鼻になる原因についてはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ