『毛穴のための朝の洗顔法』結局どれが正解?~洗顔料編

朝の毛穴ケアできる洗顔って「どれが正しいの?」って思ったこと、ありませんか?

ぬるま湯か水だけで洗うのがいいと続けてみたけど、なんか汚れが詰まっている気がして、メイクをしてもイマイチだったり、洗顔料を使って洗ってみるとキレイにはなるけど乾燥してる感じがしたり、逆にベタついたり・・・

情報もいっぱいありすぎて、どれが良いかわからん!と思ったら、まずは自分のお肌のことをちょっと考えてみてください。

今回は洗顔料に関する毛穴の洗顔法を解説します。

>>水?ぬるま湯?水温についてはこちら

そもそも朝の顔ってどれくらい汚れているのか

昼間は外に出たり、メイクをしたりと汚れているから洗顔料やメイク落としは必要になりますが、朝は?というと夜寝て起きるまでの間に特に汚れることはないと思いがちです。

が、これは間違い。

人間は寝ている時に汗もかくし、スキンケアがベタついていなくても枕や布団などのホコリはつきます。

よく「人は睡眠中、コップ1杯の汗をかきます」とか言いませんか?

つまり、全身1杯だとしても顔だって汗をかくので不要な皮脂汚れは洗い流してあげないといけないということです。

ただ、汚れは季節や汗かきかどうかにもよるし、寝具の清潔さや肌質によっても変わってきますが、どんなに綺麗にしていたとしても皮脂分泌がゼロな人はいないのでまったく汚れないということはありません。

洗顔料は必要?不要?

毛穴と洗顔料

洗顔料がないとキレイになった気がしないと思う人もいるかもしれませんが、キレイになる云々の前に肌質です。

乾燥肌で皮脂分泌が少ない場合は、洗顔料を使うと余計に乾燥してしまうのでぬるま湯で皮脂を洗い流す程度でOKですが、問題は脂性肌。

脂性肌は、皮脂の分泌が多いから朝も洗顔料が必要に感じるかもしれませんが、朝も夜も洗顔料が強くて必要以上に皮脂を洗い流していたり、しっかり保湿をしていなくて潤い不足で皮脂が過剰に分泌されている場合もあります。

そのため、ベタつきが解消されないなら強くてしっかり洗い流すタイプではなく、不要な皮脂を優しく洗い流すタイプを選んで「しっかり保湿」してターンオーバーを正常化しましょう。

また優しいと思っていても、泡立ち成分や2分も3分も洗っていると乾燥してしまうので洗いすぎと成分にも注意してください。

そしてもうひとつ。

皮脂というのは脂=油なので、水やぬるま湯ではキレイにならないため、保湿効果があまりなかったり、バリア機能が低下してしまい、肌トラブルが起きるのです。

皮脂膜はバリアの役目を果たすのでは?と思うかもしれませんが、不要な皮脂と必要な皮脂は違います。

だから、皮脂分泌が多い場合は鼻やあごなど皮脂が多いと感じる部分には洗顔料を使うようにするなど、肌質と皮脂量で判断するようにしましょう。

まとめ

毛穴には洗顔をする時の洗顔料を使うか使わないか、その時によって判断することが大切です。

季節や肌質によって変えていくことで、余計な皮脂を取り除き、毛穴の開きや黒ずみをケアすることができます。

ただ、どんな洗顔料でもいいと言うわけではなく、肌に負担をかけたり必要な皮脂をとってしまう強いタイプではなく、朝も夜も不要なものだけを洗い流してくれる優しい洗顔料を選びましょう。

そうすることで、スキンケアが浸透して、黒ずみの目立ついちご鼻やメイクのノリやヨレが変わります。

>>イチゴ鼻のためのリメリー!公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ