鼻の毛穴は引き締められない!?嘘を信じちゃダメ!!

鼻に限らず「毛穴を引き締める」方法って、いろいろありますよね?

インターネットを検索すると毛穴関係の情報はたくさんありますが、実際試してみたけどイマイチ効果がないと感じることってありますよね。

一般的に有名な方法であっても間違っているというか、医師に聞いてみたら「医学的根拠がない」と言われるものもあって、良い部分だけが独り歩きしていることもあるのです。

そのため、肌にダメージを与えてしまうものさえあるので注意が必要です。

冷水で鼻の毛穴の引き締めは今すぐやめて!!

冷水と毛穴

 

よくある情報のひとつ「冷水」やアイスノンなどで冷やして毛穴を引き締めるというもの。

たしかに、冷やすと毛穴は縮まって小さくなる気はするのですが、これは寒い時に鳥肌が立つときと同じ状態で、筋肉が引き締まっただけなので、残念ながら一時的で元に戻ってしまうのです。

が、問題はここから。

開いた毛穴が引き締まって元に戻るだけなら問題はないのですが、血行不良から赤ら顔になったり、冷水やアイスノン、氷などでいつも冷やしているとターンオーバーが乱れてしまうことがあります。

冷やすと肌が温めようとして代謝がアップするという意見もありますが、オススメはできません。

一時的にでも引き締まってしまうと、その後のスキンケアが浸透しなくなってしまうので、どんなに良い成分を使ったとしても意味がなくなってしまうので注意しましょう。

化粧水を冷蔵庫に入れるのも要注意!

鼻の毛穴の引き締めたいから、いちご鼻やみかん肌対策でもうひとつよくやりがちなのが、化粧水を冷やすこと。

冷蔵庫に入れてお風呂上りに使うと気持ちいいというのもわかるのですが、実はこれはオススメできない方法で、なんと!NGな理由が3つもあります。

・冷蔵庫から出し入れすると温度差で劣化する
・成分によっては冷やすと変化することがある
・肌が冷やされると浸透しにくい

使い方で「冷やして使いましょう」となっていれば、その方法で使うのに一番適した状態になっています。

しかし、そうでない場合には効果も出にくくなってしまうのです。

せっかく口コミで高評価だったり、高価な化粧水を買ったのに、全然効果がない!とか肌が赤くなってしまったなんて思わぬトラブルが起きた原因が冷蔵庫に入れたからだったらもったいない話です。

鼻の毛穴が引き締められている気がしても、成分が入っていかなければ意味がないし、基本的にはハンドプレスで温める方が浸透しやすいことがわかっています。

冷蔵庫に入れてしまっている人は、今さら出すのも良くないのでそのまま使い、次から高温多湿を避けて常温で保存するようにしてくださいね。

まとめ

鼻の毛穴を引き締めているつもりでも、しばらくたつと元に戻ってしまうというのは効果があるとは言えません。

大切なのは、時間をかけても毛穴の詰まりを改善して、詰まらないことで毛穴が元の大きさになること!

冷やしたり、熱いお湯で洗うなど間違った行為は肌にダメージを与えてトラブルが起きてしまうので、正しいケアを習慣にしていきましょう。

あれこれ試すことで自分に合った方法を探すことも良いですが、医学的根拠や正しい方法なのかどうかはきちんと調べないと、いちご鼻もみかん肌も改善することができません。

それどころか悪化してしまう可能性もあるので、注意してくださいね。

>>サイトTOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ