フラクショナルC02レーザーで黒ずみ解消!ダウンタイムは?

フラクショナルC02レーザーは黒ずみにも効果があるので、鼻の黒ずみや角栓、毛穴の開きが目立たなくなって、イチゴ鼻を解消することができます。

自分に合った方法を試してみてもダメ!と言う人の最終手段としてレーザー照射も良いですが、お金の問題以上に効果がなかったり、悪化してしまったというリスクもありますよね。

それ以上に気をつけなければいけないのが、顔へのレーザー照射で考えなければいけないのが照射後のこと。

ダウンタイムはどれくらいなのか、痛みや注意点はないのか、施術する前にしっかり確かめておきましょう。

 

ダウンタイムはどれくらい?

フラクショナルC02レーザーは顔に小さな穴をあけるので、そのダメージによって傷ができて治るまでにはある程度の時間が必要になります。

個人差がありますが、出血はしなくてもカサブタになったり、炎症や腫れ、赤みなどが出る期間も変わります。

基本的に『赤みは3日~1週間』『皮膚のザラつきは4日~10日』

全体的にかさぶたが剥がれ落ちてキレイになるまでを考えれば、長くて10日くらい。

化粧水やメイクについてはクリニックによっても違いがありますが、刺激になってしまうことは数時間~1日できないので、必ず聞いておくようにしてください。

※化粧水によっても刺激の強い・弱いがあるので、成分も気を付けましょう。

 

また、出力や痛みによって麻酔を使う場合がありますが、麻酔が切れるとヒリヒリした痛みがあるので、痛みが苦手という人はどんな感じか聞いておくと安心です。

 

するなら連休がオススメ?季節は??

ダウンタイムとマスク

フラクショナルC02レーザーに限らず、顔にレーザー照射したらマスクを着用して日焼けNGで過ごすことが多いので、これがきちんとできるのであれば、季節は問いませんが、夏場にマスクをするのは暑いし、「整形?」とか思われてしまうことを考えたら、違和感のないのは冬です。

一番良いのは季節云々よりも一番良いのは外に出る必要のない長期休暇なのですが、1回では終わらないので、最初は長期休暇にして様子を見て、次からは連休を利用すると良いでしょう。

※毎回同じ状態になるとは限りません。

注意点としては、お休みを利用するなら『年中無休』のクリニックを選ぶこと!

大手クリニックは年中無休や夜遅くまで診察していて、働いている人が休日や仕事終わりにも通えるように配慮されていますが、すべてのクリニックがそうであるとは限りません。

見えない部位なら良いですが、イチゴ鼻や鼻、頬‥など顔の部位はマスクで会社に通えるかどうかでも変わってきます。

フラクショナルC02レーザーで黒ずみ改善するなら、ダウンタイムを少し長めに考えて計画するようにしましょう。

 

まとめ

フラクショナルC02レーザーで黒ずみがなくなれば、イチゴ鼻も目立たなくなりますが、その後のケアをきちんとしなくてはいけないし、照射後のダウンケアやデメリットも考えておかないと、仕事や学校に影響が出てしまうこともあります。

鼻だけならマスクで隠しきれますが、マスクが思わぬ刺激になってしまったり、顔全体だと隠しきれないこともあるので、きちんと医師に相談して、納得の上で照射するようにしてくださいね。

毛穴の開きが解消され、角栓や黒ずみも目立たなくなったら、あとは悪習慣を改善&継続して満足した結果を保ちましょう。

ダウンタイムに関しては、技術だけでなく自分の肌の治癒力によっても変わってくるので、ここはきちんと話し合っておかないと後々トラブルになるので気を付けてください。

>>フラクショナルC02レーザーの詳細はこちらへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ