敏感肌もOK!?リメリーの成分

リメリーの成分は「敏感肌でもOK」

医薬部外品・無添加の日本製となっていますが、それでもやはり気になってしまうのは肌との相性。

毎日安心して乾燥肌・敏感肌・混合肌と肌質問わず愛用できると言うことで、ニキビなどのトラブル肌でも使えるこだわりの成分になっています。

肌に不要なものをなくした5つの成分フリー

肌が健康でベストな状態だといちご鼻はできません。

ターンオーバーが乱れたり、バリア機能が低下したりと肌に何かしら問題があるとトラブルが起きるのです。

そこでまずは不要な5つの成分を排除。

リメリーは無添加

低刺激とか敏感肌にもOKという商品はよくありますが、スキンケアって意外に多いのがアルコールが入っているもの。

私自身がこれまでアルコールが体質的に合わないので、化粧水を購入する時は「ノンアルコール」にこだわっている実体験があるため、同じような人には嬉しいポイントだと思います。

アルコールが入っていると、赤くなったり痒くなったりするので、どんなに優しくて人気があるものでも、天然成分だとしてもそれだけで使えないんですよね。

毛穴を引き締める収斂作用のあるものを使いたくても使えずだったけど、リメリーはそういうことがありません。

また、同じようにパラペンがダメだったり、合成香料がダメだったり、優しいだけじゃなく「自分に合わない成分が入っていないかどうか」が重要なポイントになります。

実際のリメリーの成分はこちら

こちらがリメリーの成分。

リメリーの成分

有効成分が「水溶性プラセンタエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症効果があるので、ニキビにも最適!と言えますね。

ノンアルコールなのにフェノキシエタノール?

成分を見て「ん?」と思った人もいるかもしれませんが、フェノキシエタノールが入っているのにアルコールフリー?

エタノールってアルコールじゃないの??と思うかもしれませんが、フェノキシエタノールは緑茶などにも含まれる成分で、通常のエタノールより低刺激です。

よくわからない!という時は、難しく考えず『エタノールや変性エタノール=アルコール』として考えてください。

 

防腐剤として使われていて、パラベンよりも毒性が低いと言われていますが、量にもよるしフェノキシエタノールは良いけどパラベンがダメな人もいればその逆もあります。

無添加・天然にこだわっているから防腐剤も天然のものが良いと考えるかもしれませんが、天然の防腐剤は酸化によってシミやシワなど肌にとってマイナスの効果が起きることもあるのです。

そのため、天然よりも化学防腐剤を少し使う方が肌には良い結果がでることもあります。

ちなみに乾燥&敏感肌の私ですが、リメリーの成分は問題なく使うことができました。

まとめ

リメリーの成分は、毎日使うことを考えて優しい成分となっています。

ただ、ニキビなどのトラブルがある肌に使うのは抵抗があるかもしれませんが、鼻ニキビも改善してくれる成分が配合されているので、ニキビケアしている人にもオススメです。

食べ物にもアレルギーがあるように合う・合わないはあるように、リメリーの成分との相性はありますが、鼻にトラブルを抱えている人は試す価値あり!と言えます。

今までとは使い方が違う・美容液なんて・・・と思う人も、今までとは違うからこそジックリ試していちご鼻などの鼻トラブルを解消していきましょう!

>>敏感肌&アラサーの私もリメリーを体験!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ