『毛穴のための朝の洗顔法』結局どれが正解?~水温編

正しい毛穴ケアの洗顔方法は水やぬるま湯って言われますが、夜キレイにしたのに、朝起きるといちご鼻。

毛穴が開いている・・・ってこと、ありませんか?

夜はもちろん、朝の洗顔でも水温をきちんと考えることで、毛穴が変わっていきます。

実はよく言われる「水またはぬるま湯」

ここを正しく理解しないと、いちご鼻を悪化させたり、毛穴トラブルが起きたりするのです。

では、適温とはどれくらいなのでしょうか。

汚れを落とすポイントは「水温」

よく冷やすと毛穴が引き締まり、温めると毛穴が開くって聞きませんか?

これはどちらも一時的なのですが、毛穴が引き締まると汚れは取りにくくなるし、化粧水などのスキンケアが浸透しにくくなると言うデメリットがあります。

しかも、不要な皮脂や汚れが取れにくくなると詰まってしまうのです。

 

毛穴を開かせたくないから冷たい水で洗顔をしているけど、毛穴トラブルが気になる人はこのタイプ。

そして逆に温かいお湯で洗うと、毛穴は開くけど皮脂が落ちすぎて乾燥する原因になります。

 

またよく洗浄力の強いシャンプーは乾燥したりフケや痒みが出たりするのと同じで、頭皮と同じように顔も洗顔料によって乾燥したり肌トラブルが起きるので注意しましょう。

この2つを理解すれば、一番良いのはぬるま湯だというのがわかります。

毛穴を締めたりしないで皮脂や汚れを優しく洗い流し、肌を乾燥させないようにする。
そのためには、人間の体温より少し低い30度~32度くらいが理想。

体温は36度前後ですが、皮膚の表面はもう少し温度が低くなり32度くらいになるため、皮脂は溶かすのは30度以上と考えてください。

季節によっても感じ方は違いますが、冬でも30度なら朝の洗顔が冷たくてツライということはないですよね。

汚れが落ちていればスキンケアも浸透しやすくなり、メイクや肌質も変わってくるので、適温を習慣にするように心がけましょう。

毛穴のことを考えるならコレも忘れないで!

朝の洗顔注意

朝は時間がないので、さっさと済ませたいというのは誰でも同じこと。

女性は仕事に育児に家事に、みんながみんな忙しいですよね。

だからこそ、ついつい手抜きになってしまうことがありますが、洗顔をしっかりしたら悪い毛穴習慣から抜け出すためにあと2つ、しっかり気を付けてほしいことがあります。

拭き方

時間がないと、さっさと拭いてしまいますが、ゴシゴシ拭くのはNG!

タオルで水分を軽く吸い取れば十分で、多少水分が残っていても問題はありません。

濡れたままだと化粧水の成分が薄まってしまうのでは?と思うかもしれませんが、芸能人でも洗顔後タオルで拭かずにスキンケアをしている人が多く、最近では人気の方法になっています。

ただ、浸透に時間がかかってしまうので、朝は軽く拭き取ってスキンケアをする方が良いでしょう。

保湿

毛穴がキレイになったらおしまいではなく、保湿をして汚れや開き予防をしなくてはいけません。

朝はきちんとすれば、紫外線やメイクにも関係してくるので、浸透と保湿効果の高いスキンケアを選ぶのも良いでしょう。

またいちご鼻や毛穴に悩んでいるなら、顔全体にも使える鼻専用美容液「リメリー」のように、その悩みに特化したものの方が効率良くケアができます。

まとめ

毛穴ケアの情報はたくさんあるから、洗顔についても情報がたくさんありすぎて迷ってしまいます。

しかし、毛穴の開きや黒ずみに悩むなら、まずは不要な汚れを取り除いて毛穴に汚れが詰まらせないようにすることが大切です。

そのためには朝の洗顔は30度~32度のぬるま湯で。

そしてタオルで軽く拭き取ったら、しっかり保湿をするように心がけてください。

毎日正しい習慣を身につければ毛穴が洗顔で変わっていくので、しっかり続けていきましょう。

>>毎日イチゴ鼻解消のために頑張った体験談

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ