リメリーの効果は洗顔でも変わる!?正しい洗顔してますか?

リメリーは美容液なので、洗顔やクレンジング、美容液以外のスキンケアの方法によっては効果を思うように実感できないことがあります。

特にリメリーの効果は正しい洗顔やクレンジングをしないと、汚れが取れなかったり、肌にダメージを与えてしまい、黒ずみを悪化させてしまうことになるので、しっかり効果が実感できるようにしなくてはいけません。

いわゆる「下準備」のようなものでしょうか。

朝の洗顔については説明しましたが、メイクや外出で汚れた肌をきれいにするのは夜の洗顔!

ということで、夜の洗顔も正しい方法をおこなっていきましょう!

>>毛穴のための洗顔法~洗顔料編へ

 

こんな洗顔していませんか?

7aed4ddcc5d0ecbfc1dcb7b13de0826d_s

最近では「泡で洗う」が常識になってきているので、優しく洗う人も増えてきていますが、男性でまだまだ多いのが『ゴシゴシ洗い』

このゴシゴシですが、泡が少ないと肌に手が触れてしまって肌がこすれることでもダメージを与えてしまいます。

自分ではそんなつもりないのに…という女性でも、メイクを落とすために目元や口元を強めになってしまうと言う場合には、かならずポイントメイクを落とすクレンジングなどでしっかり汚れを落としてから洗顔しましょう。

W洗顔不要タイプだと肌への負担が少なくなると思うかもしれませんが、成分の刺激が強かったり、脂を奪って乾燥しやすくなってしまうこともあるので気を付けてください。

汚れを落とすために、W洗顔の他にも熱めのお湯を使うのもNG!

汚れが落ちそうなイメージがあるかもしれませんが、肌への負担が大きく、乾燥してしまうので朝洗顔の水温で説明したくらいの人間の体温より少し低い30~32度くらいで洗い流すようにしてください。

>>毛穴のための洗顔法~水温編へ

美容液で一生懸命保湿をしても、肌にダメージを与えたり潤いを奪ってしまう洗顔をしていては肌への負担は軽減されません。

その結果、リメリーの効果が洗顔によって半減されてしまうので、毛穴ケアを実感できないのです。

 

洗顔は4つのポイントで肌が変わる

年齢問わず、毎日歯磨きと洗顔はしますが、この2つって意外に間違った方法が習慣になっている人が多く、その結果トラブルが起きてしまうんです。

泡立ち成分が肌に良くないことから、余計な成分を省いてしまったら泡立ちにくいものもありますが、泡立たなくてもマッサージするタイプであれば、こすることで肌に負担が…と考える心配はありません。

また、最初から泡で出てくるものもありますが、成分が不安なら100円ショップでも販売されているので泡立てネットを使用して安心出来る洗顔料を使いましょう。

そしてここからがポイント!

手を洗う

洗顔というと当然顔を洗いますが、その前に必ずしてほしいのが手を洗うこと。

手にはばい菌がたくさんあるので、水で濡らしてそのまま洗顔をすると、汚れた手を洗った泡でついでに顔を洗っていることになりますからね。

洗顔料を泡立てたら部位で洗い分ける

乾燥を防ぐために、皮脂の多い部分は泡で洗い、皮脂の少ない乾燥しがちな部分は軽く泡を乗せる程度で洗い分けをすることで、肌状態を良く保つことができます。

すすぎはしっかりと!

ここをきちんとしないと、汚れどころか洗顔料の成分が残ってしまうので、しっかり洗い流してくださいね。

タオルでは吸い取り保湿

タオルは拭くのではなく、水分を吸い取るように押し当てます。
そして、どんどん水分が奪われるので、まだ水分が残っている湿っぽいくらいでも良いので化粧水を。

 

風呂場の中で、タオルで拭く前に化粧水をするという人もいるくらい潤いはスピード勝負です。
あとはリメリーを。

 

まとめ

リメリーの効果は洗顔で変わってくるのは、

  • 汚れ
  • 乾燥

など、肌状態やリメリーの浸透を左右する重要なポイントが洗顔にあるからです。

もちろん、リメリーをちびちび使っているから効果があまりないという場合もあるかもしれませんが、いろいろ試しても乾燥肌や毛穴、いちご鼻が改善されないというのには『合わない』以外にも何か原因があります。

特にクレンジング・洗顔・スキンケアは3つで1セットなので、すべてが正しくないと良い肌状態は保てません。

改善しようと思うなら、全部を見直しましょう。

>>『リメリーnavi』TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ