基礎化粧品の使用期限は肌トラブルの重要なポイント!

意外に知られていない基礎化粧品の使用期限が肌トラブルの原因になるって知っていますか?

基礎化粧品というのは、

  • クレンジング
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • 保湿クリーム

など、一般的に「スキンケア」と呼ばれるもの。

肌との相性があり、成分にもこだわっている人も多いですが、効果やトラブルに対して気を付けるのであれば、気にしてほしいのが使用期限なのです。

 

基礎化粧品の使用期限は?

スキンケアの使用期限

 

年中使うものだけでなく、夏だけや乾燥が気になる冬だけとか一時的に使用するものもありますが、浮気してほかのものをいくつか使っている人もいますが、気づいたら数年・・・なんてものはありませんか?

「放置していて久しぶりに使ってみた」なんて人もいますが、実はこれってとても危険な行為なんです!

一般的な使用期限は

  • 未開封は製造から1~3年以内
  • 開封後は3ヶ月~1年

海外のスキンケアやコスメは使用期限が表記されていることがありますが、日本のは使用期限どころか製造日の記載がないこともあります。

これは日本の法律では3年以上の品質を保てるものは製造年月日は義務付けられていないから。

もちろん、きちんと製造年月日や使用期限がきちんと書いてあるものもありますが、不安な場合は必ず問い合わせるなどして確認をすると良いでしょう。

 

問題は「開封後」と「保管場所」

基礎化粧品の使用期限で肌トラブルが起きやすいのは、未開封よりも開封後と言えます。

その理由は、それぞれ開封後の期間と管理方法が違うから。

開封後は直射日光が当たらず、湿気が少ないところに常温で保存するのが一般的ですが、中には品質管理のために冷蔵庫で保存する方が良いものもあります。

しかし、冷たくする方がいいからという理由だけで勝手に冷蔵庫保存していると、出し入れしているうちに劣化してしまったり、成分が変化したり、思うような効果を実感できなくなってしまうことがあるので、オススメの使用方法で冷蔵庫で冷やすことが書いてあるもの以外は常温の方がいいです。

 

また開封後は、無添加や成分によって、短期間で使い切れなければいけないことがあります。

例えば、リメリーの場合は開封後2ヶ月~3ヶ月と短い期間での使い切りになるので、肌トラブルケアだけでなく、顔全体や使いきれなさそうなら首や乾燥が気になる部分の保湿ケアにも使いましょう。

使用期限を過ぎると、効果が実感できないだけでなく、肌トラブルを起こす可能性があるので、せっかく良い成分も台無しになってしまうのです。

この他にも

  • 空気に触れると酸化するので、きちんとふたをする
  • 手や肌に直接触れないようにする
  • 色や臭いに変化があったら使うのをやめる

など、ちょっとしたことを気を付けるように心がけてください。

 

まとめ

せっかく良い成分の基礎化粧品でも使用期限を守らないと肌トラブルの原因になってしまいます。

もったいないとちびちび使っても効果を実感しにくくなってしまうので、しっかり期限内に使い切るようにすることと、もったいないと思うなら、化粧水はコスパの良い安価なものをたっぷり使うなどすることで、しっかり保湿&肌ケアをすることができます。

若いから大丈夫!年齢的に仕方ない・・・ではなく、いくつになっても、肌トラブルのない肌を目指しましょう。

開封後の使用期限がわからない場合には、平均半年、無添加は3ヶ月をめどに使い切るようにしてくださいね。

もし、今使っているものが去年の冬用・夏用で1年前に使っていたのであれば、思い切って捨てて新しいものを購入するのもお肌のためです。

使っていない物がある人は、この機会に断舎利をしましょう。

>>リメリーの正しい使い方は?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

×
▲TOPへ